2021-04-25 UP!

ハーブには様々な効果効能があることは広く知られています。

今回は、「シミやニキビ、美肌対策」など 肌のトラブルや 「むくみ対策・内臓脂肪を取りたい」とお考えの方に、

美肌や 美容体系に おすすめのハーブをご紹介させていただきます。

そして、「身体の内側からくるかゆみ、乾燥」にお困りの方や、少し、肌のアレルギーでお困りの方にもおすすめです。

 

ローズヒップ、ハイビスカスとご紹介させて頂きました。

今回はあと2つ、ステビアとリコリスをご紹介させて頂きます。

 

ステビアは砂糖の200倍~300倍、リコリスは砂糖の約50倍、

と言われるほど甘いハーブです。とても甘いので単体で飲むことはあまりないと思います。

ダイエット系の飲料水に 甘味料として ステビアは 活躍しております。

それから ステビアの甘さを利用した「ステビア栽培」も最近増えてきましたね。

一説では、ある時、ステビアの葉を…みかんの木の元に捨てたら…その年のミカンがとても甘かった、

というのがステビア栽培の始まりだそうです。

天然の植物の甘みですので、ダイエットや糖尿病の強い味方としても利用されています。

 

そしてリコリス…ですが、ご存知でしょうか。「甘い草」と書いて「甘草」と呼ばれています。

ハーブでは「リコリス」ですが、漢方では「甘草」です。

「甘草」というとご存じの方も多いのではないでしょうか。

漢方として用いられる植物ですので、重要な生薬、ハーブの一つです。

中国ではもちろんですが、喘息や乾いた咳、肺の病に用いていたとギリシャでも記録が残っていますし、

エジプトでも、喉の炎症、気管支や肺、などの疾患の用いられたと言われ、

ツタンカーメン王の墓の中には 宝物と一緒に 大量のリコリス(甘草)が発見されたという記録も残っています。

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ一つひとつのハーブには、多くの 効果効能の記録や、

古くからの歴史や物語がたくさん残されております。

今回は「シミやニキビ、美肌対策」など 肌のトラブルや「むくみ対策・内臓脂肪を取りたい」とお考えの方、

そして、「身体の内側からくるかゆみ、乾燥」にお困りの方におすすめのハーブ、

ローズヒップ、ハイビスカス、ステビア、リコリスについてお話させて頂きました。

 

この4つのハーブを配合したブレンドハーブティ(No1)を弊社でも商品化しておりますが、

身体によいとされるハーブティでも、妊娠中の方の 多量使用はお控えください。

 

実は・・・このブレンドハーブティ(No1)を社内で開発した時のお話なのですが、

弊社の男性で、軽い喘息と気管支炎を持っていて、

冬の乾燥がきつい季節にちょっとしたきっかけで咳が出始めると、

喉から 肺の方から とても乾いた咳が止まらなくなり、冬の間中 咳が続いたそうです。

そして咳だけではなく、ひどい乾燥肌で、普段は服で見えないそうなのですが、

足の膝から下が乾燥でひどく、真っ白になり、ズボンの生地が少し触れるだけでも痒みとヒリヒリが酷かったそうです。

毎年12月になると掛かりつけの病院に行って、咳の飲み薬と、肌の塗り薬をもらって冬を乗り切る…

そんな生活が10年続いていたそうです。

 

ところが今から約10年前。このNo1の商品開発を行うために、

ちょうど12月頃から、毎日、毎日、何度も何度も 試飲を繰り返していた、その年の冬。

病院に行かずに済んだことを、冬が終わった春になって気が付いたのです。

「あれ?今年は病院にいかずに済んだな」と。

これは リコリスの 植物由来による 副腎皮質ホルモンの効力によるものでした。

あれから今日までの10年。すっかり喘息、気管支炎の症状もなくなり、乾燥肌も治まったそうです。

 

絶対…とは言えませんが、植物の働きが身体や心に合うことで、

その身体の症状から 解き放たれるだけでなく、

その症状からくる 心のストレスからも 解放されることになると思います。

皆さまに合ったハーブティをお届けできましたら…とても嬉しく思います。

 

元臨床心理士・植物療法士

川内美登子

 

美容・美肌対策/内臓脂肪 に良いハーブ(No.1)の購入はこちらです

YouTubeチャンネル「ハーブティmitoco」の動画はこちらです

 



心の話し一覧へ

Blog一覧へ


㈱川内美登子・植物代替療法研究所日本ハーブ学会国際連合広報センター王立園芸協会 英国との交流ロンドン大学 ケンブリッジ大学 短期留学日本全国地域資源セミナー実績講座風景ハーブ販売実績Hoteluluバナースポンサー募集
Copyright© 川内美登子オフィシャルサイト All Rights Reserved.